MENU
時間がない.com  >    >  職場のストレスを改善する方法7選!手軽にイライラを解消しよう!

職場のストレスを改善する方法7選!手軽にイライラを解消しよう!

職場で感じるストレスの改善、解消方法を紹介!

皆さんは、今の職場にストレスを感じていませんか?出勤して仕事をこなし、同僚や上司とのコミュニケーションにも気を遣う日々……。溜まってしまうとさまざまなデメリットを引き起こす原因になるストレス。大きく分けて「身体的ストレス」と「精神的ストレス」が存在します。

「身体的ストレス」とは、たとえば病気やケガ、長時間勤務などによる疲労、騒音や異臭、空気中の花粉など、肉体的な負荷によって発生するストレスのことです。

一方で「精神的ストレス」とは、人間関係によって生じる不安・悲しみ・怒り、プレッシャーや焦り、失恋や死別による喪失体験など、心的消耗が原因で発生するストレスのことです。

上述したのはほんの一部で、私たちは日々の生活のなかでさまざまな要因により、身体的・精神的な負担を受けていることになります。

そこでこの記事では、そんなストレスを少しでも軽減させるべく、おすすめのストレス解消を紹介していきます。どれもお手軽で効果的なものなので、ぜひ試してみてください。

身体的ストレスの解消方法4選

1:心安らぐアロマテラピーで、自宅環境の向上を目指そう

先述したとおり私たちの身の周りの環境は、身体的なストレスに直結しています。周囲の環境を向上することとは、ストレス解消の第1歩といってもよいのです。

職場の環境をすぐに帰るのは難しいかもしれませんが、自宅であれば実践できるでしょう。そこでおすすめしたいのがアロマテラピーです。

香りというのは心を落ち着けるのに非常に役立ちます。というのも嗅覚は、視覚や聴覚といった他の五感とは異なり、大脳辺縁系(感情や意欲・記憶・自律神経を司る部分)に直接刺激を与えるため、心地良い刺激を直に脳に届けることができるのです。

近年は、女性のみならず男性にも需要があるそう。男女問わず、ストレス解消に試してみてはいかがでしょうか。

2:有酸素運動でリフレッシュし、面倒な人間関係から隔絶されたひとりの時間を

定番のストレス発散方法といえば、適度な運動ですよね。特にジョギングやサイクリングなどの有酸素運動はストレス解消にぴったりで、さらに運動不足も解消できて一石二鳥です。

体を動かしている間は、余計なことを考えずにひとりの世界に没頭することができます。人間関係で溜まったストレスを発散したい方におすすめです。

3:そのストレスの原因は寝不足かも?睡眠の質を向上させよう

実は睡眠は、ストレスに直結しています。睡眠時間が十分にとれないと知らないうちにイライラしてしまったり、集中力が低下してしまったり……その結果仕事がうまくいかず、またストレスが溜まってしまう悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。

とはいえ、すぐに睡眠時間を増やすことはなかなか難しいことです。そこでまずは、睡眠の「質」の向上を目指してみてはいかがでしょうか。

具体的な方法としては、朝目覚めた時に太陽の光を浴びる、睡眠前にしっかり入浴して体をあたためる、寝具を見なおすなどがあります。

こちらの記事も参考にしてみてください。

「大事なのは時間だけじゃない!睡眠の質を上げる5つの方法と、おすすめの食べ物を紹介」

4:デスクワークのストレスは姿勢にあり?小まめなストレッチが重要!

長時間デスクワークをしていると、無性にイライラしてしまうことはありませんか。特にパソコンを使用している方は同じ姿勢になりがちで、血流が悪くなり、より疲れやすくなってしまいます。

そんな時は、椅子に座りながらでもできるストレッチをしましょう。おすすめなのが、両手を後ろで組み、肩甲骨を寄せるストレッチです。背中の筋肉は大きいため、この動きひとつでも効果的に血行をよくすることができます。

精神的ストレスの解消法3選

1:抱えている案件を口に出しておこう

自分が担当している仕事は、もしかしたら過去に誰かが経験したことのある仕事かもしれません。問題が起こったり悩んでから相談をするのではなく、日頃から自分がどんな仕事を抱えているのか口に出すよう癖付けておくのがおすすめです。

元々ひとりで解決できることでも効率的に進むかもしれませんし、思わぬところから助け船が入るかもしれません。周囲の人を頼ることは悪いことではないのです。

2:働く女性の必須スキル?

ある調査結果によりますと、女性は男性に比べ、同僚からのいじめに悩んでいる方が多い傾向にあるそうです。女性が活躍する現代社会では「職場いじめ」をいかに回避するかも大切かもしれません。

いじめにもっとも効果的だといわれているのが「無反応」です。そもそもいじめをする人間は、相手が落ち込んだり怒ったりと反応する様子を見て快感を覚えています。感情を出してしまうのは格好の標的。スルースキルを身に着けておきたいところです。

3:「逃げる」のもひとつの手

ただ、それでも嫌な思いをし続けるのであれば、限界を迎える前に逃げるのもひとつの手です。本来は、自分にとって好ましい環境でこそ、よりよいパフォーマンスをできるもの。嫌な職場や人間関係を我慢し続ける必要はないのです。異動を志願してもよいですし、転職をするのもひとつの手でしょう。

RANKING

TAGS

お出かけ キッズアイテム キッチン ファッション 仕事 健康 子育て 家事 家電・電子機器 料理 時間がない 時間がない人のための木のトレイ 本と音楽 海外事例 生活日用品 趣味