MENU
時間がない.com  >    >  スマ@ホーム:子どもと家の安全はスマホで守る!

スマ@ホーム:子どもと家の安全はスマホで守る!

我が家は、共働きの典型的なバタバタ家族だ。幼児と乳児の手がかかる子ども二人を抱え、平日は高速!効率!濃密!に仕事を一気に片づけ、パパママ手分けしながら育児をなんとかこなしている。

子どもの成長ホルモンを大切に!と平日は帰宅後、就寝に向けて早々に一日を収束させていくため、いろいろと家事が残り気味。KAT-TUNじゃないけど、毎日ギリギリで生きているので、誰かが病気になったり、急きょ予定が入ってしまうと家族はてんやわんや。

最近は、ベビーシッターの契約をして、なんとかしのぐことも増えてきた。ベビーシッターはとっても優しい方ばかりなんだけど、心のどこかでやっぱり不安はある。どんなふうに子どもと接しているのか、子どもの状況はどんな感じか。

今、助けられているのが、Panasonicのスマ@ホーム。家電量販店で宅内カメラを探していたところ、この製品にたどり着いた。

家のWi-Fiと繋げることができて、リアルタイムに家の中の状況が分かる。カメラを上下左右に動かせたり、スマホごしにカメラと会話できるので、何かあっても遠隔からコミュニケーションができる。

Panasonicのスマ@ホームの良いところは、宅内カメラだけじゃなくて、繋げるオプションが多いことだったりする。我が家は、入ってほしくない部屋のドアに開閉センサーをつけ、ドアが開けられていないかも把握している。

もちろん、開閉センサーは普段のセキュリティとしての利用がメインで、開閉回数を知らせてくれたり、泥棒が入ってきたときは大音量で鳴り、登録しているメールアドレスに一斉通知がいく。

会社で働くパパママが家の情報を把握できるセキュリティ製品をちょうど探していたのもあり、インターホンの通知情報が外出先でも確認できること、車の状況がわかる屋外カメラ、人が来たかを検知する人感センサー、窓が開けられたかがわかるなど開閉センサーなど、すべて連動できるため、とても重宝している。

 

某ホーム・セキュリティ会社に依頼すると、初期費数万円に月額数千円の契約費…。うーん、大事なんだけど、何か盗まれたり壊された時、その会社が保証してくれるわけじゃないよね?と。

急いで駆け付けてくれたり、警察を呼んでくれるのであれば、自分たちで守れる製品を買って取り付けても同じことなので、維持費もかからず良いのでは、と思ったのも決め手だったりする。

この製品、新生活が始まる春は売れ過ぎて、大手家電量販店でも品切れ、入荷待ちになるほど。子どもも家も守れるこの製品。時間がない我が家を今日も助けてくれている。

written by tsenda

 

RANKING

TAGS

お出かけ キッズアイテム キッチン ファッション 仕事 健康 子育て 家事 家電・電子機器 料理 時間がない 時間がない人のための木のトレイ 本と音楽 海外事例 生活日用品 趣味