MENU
時間がない.com  >    >  5分でわかる時短勤務!給料や期間などの条件、メリット、気をつけるべきことを解説!

5分でわかる時短勤務!給料や期間などの条件、メリット、気をつけるべきことを解説!

時短勤務=短時間勤務制度とは

時短勤務は「短時間勤務制度」といい、改正育児・介護休業法のカテゴリーで定められた制度です。利用できるかどうかは会社ごとに異なると思われがちですが、実は法律で決められているので、すべての人がこの制度を使うことができます。

通常の勤務時間は7時間半〜8時間程度ですが、時短勤務を利用すれば5時間45分〜6時間に短縮。他の人よりも早い時間に退社して、保育園などのお迎えやその後の育児、家事を円滑に進められます。

もちろん男性も利用する権利があり、制度を利用できる条件に当てはまる人のうち実に74.5%の人が時短勤務制度を使いたいと考えているそうです。

時短勤務は何歳まで使えるの?期間など条件を解説

1:3歳未満の子どもを育てていること

時短勤務は育休から復帰した後、子どもが3歳の誕生日を迎えるまで取得することができます。つまり子どもが1歳になる日に仕事復帰をした場合、丸2年は適用されるのです。

また子どもが複数いる場合、上の子が3歳を迎えたとしても、下の子が3歳未満の場合は対象になります。会社によっては子どもが小学生になるまで、あるいは小学校を卒業するまでなど独自の就業規則を設けているところもあります。

2:1年以上同一の会社に雇用されていること

時短勤務は、就職や転職をしたばかりでは取得することができません。制度を利用したい会社に1年以上雇用されていることが条件になります。

またパートやアルバイトの場合は、1日6時間以上・週3日以上の勤務を1年以上続けていた場合に適用されます。

時短勤務で給料や賞与はどうなる?

時短勤務をするにあたって気になることといえば、やはり給料や賞与でしょう。労働時間が通常より短くなると、給料はどのくらい影響を受けるのでしょうか。

1:毎月の給料はどうなる?

時短勤務は法律上、短縮して働かなかった時間の給料の保障はしていません。そのため労働時間が短くなった分だけ、給料は減ります。

2:賞与の額に影響はある?

毎月の給料が減るため、賞与の額にも影響が出ると思いがちですが、実際は関係ありません。

また時短勤務をしている人に対して、人事考査で評価を厳しくしたり、手当をカットしたりするのは法律違反です。もし賞与額に時短勤務の影響が出ていると感じた場合は、人事部や労働基準監督署などに問い合わせてみましょう。

3:年金はその分減ってしまう?

時短勤務で給料が減ると、その分、厚生年金の支払い額が少なくなります。そうなると心配になるのが、将来受給できる年金額が減ってしまうのではないかということ。

しかし時短勤務中の厚生年金の支払いは、通常の給料時の金額を支払っているのと同じ扱いになるため、時短勤務によって将来の年金受給額が減るということはありません。

時短勤務のメリットは

1:仕事と家事育児の両立がしやすい

やはり1番のメリットは、仕事と家事育児の両立がしやすいという点です。2時間早く帰れるだけで、保育園に余裕を持って迎えに行くことができます。また夕飯のための買い物や、子どもと一緒に過ごす時間も多くとれるのです。

子どもが小さければそれだけ時間も足りずにいつも余裕がなくなりがちなので、時短勤務を利用することでうまく両立ができる人は多いです。たった2時間と思う人もいるかもしれませんが、2時間の間にできることはたくさんあるのです。

2:環境を大きく変化させずに育児をすることができる

出産をきっかけに、フルタイムの仕事からパートの仕事に切り替える人も少なくありません。しかしフルタイムのまま時短勤務にすることで、環境を大きく変えることなく仕事を続けることができるのです。

妊娠と出産は、それだけでライフスタイルを変える一大イベントです。慣れた職場で時短勤務をすることで、育児以外の面で受けるストレスを極力減らすことができるでしょう。

時短勤務は迷惑?気をつけるべき3つのこと

時短勤務は育児中の人にとって大きなメリットですが、その反面でやはり周りの人の目線が気になってしまうのも事実です。忙しそうにしている同僚よりも先に帰ることに罪悪感を抱いてしまう人も多いでしょう。そこで時短勤務にマイナスな印象を持たれないためにも、気をつけるべき3つのことをご紹介します。

1:同僚や上司に対して「報・連・相」を徹底する

限られた時間のなかで仕事をこなしつつ、子育ての時間もしっかりとるには、同僚や上司とのコミュニケーションをしっかりとることが大切です。報告、連絡、相談を徹底し、なるべく誤解を生じさせないよう努力しましょう。

いきなり「子どもの具合が悪いので休みます」と言うのと、数日前から子どもの体調が悪いことを周りに話しておいて「子どもの具合が悪くなってしまったので休みます」と言うのでは、周りの人が受ける印象も違うことがわかるでしょう。

細かいことでも自分の置かれている状況など共有し、トラブルを未然に防ぎましょう。

2:「ごめんなさい」ではなく「ありがとうございます」

時短勤務中は、罪悪感などから「ごめんなさい」が口癖になっている人も多いのではないでしょうか。しかし子育てのために勤務時間を短縮することは、決して悪いことではありません。

ただもちろん、これまでと同じ仕事量をこなすことができないので、周りに対して申し訳なく思う気持ちが出てくるのも当然。そんな時は「ごめんなさい」の代わりに「ありがとうございます」を使いましょう。「時短勤務が終わったら恩返しさせてください」という気持ちを込めることが大切です。

3:時間内は全力で仕事をする

時短勤務中は、短い時間のなかでどれだけ効率的に仕事をこなせるかがカギとなります。当たり前ですが、「どうせ時短勤務だから」と適当に仕事をしていると周りの人たちは良い気はしません。

また日頃から周囲の人を巻き込みながら仕事を進めることも大切です。抱えこみすぎて自分ひとりで何とかしようとすると、いざできなくなった時にも頼むのが困難になります。周囲と協力しながら全力で働く姿を見せれば、同僚たちも自然とサポートしてくれるでしょう。

RANKING

TAGS

お出かけ キッズアイテム キッチン ファッション 仕事 健康 子育て 家事 家電・電子機器 料理 時間がない 時間がない人のための木のトレイ 本と音楽 海外事例 生活日用品 趣味