MENU
時間がない.com  >  ,   >  昼寝の効果を最大限得る方法!時間、環境、仕事中の工夫など【忙しい人向け】

昼寝の効果を最大限得る方法!時間、環境、仕事中の工夫など【忙しい人向け】

昼寝の効果!忙しい人こそ知っておきたい!

目が回るような忙しさで十分な睡眠を取れず、疲れが溜まっていると、仕事の効率も下がっていきます。まとまった睡眠時間を確保したいけれど難しい場合は、昼寝がおすすめです。

時間を有効活用して昼寝にあてることで、疲れて効率が下がっていた仕事のペースをあげることができます。ほんの15分ほどあれば良いので、忙しくて時間がない人でもすぐに実践できるのが魅力です。また昼寝は仕事の作業効率があがるだけでなく、美容にも効果が期待できます。

では、具体的にどのような環境で、どのくらい昼寝をすればよいのでしょうか。また忙しい仕事の合間を縫って昼寝の時間を確保するには、どのような工夫をすれば良いのでしょうか。今回は昼寝の効果を最大限得る方法として、時間や環境、仕事中の工夫について詳しくご紹介していきます。

昼寝の効果①脳を休める

起きている状態で忙しく仕事をしている間は、脳がスイッチオンの状態になっています。脳を休めないと作業効率は大きく下がり、心身ともに疲弊してしまうのです。

起きている間に得た記憶は、寝ている間に整理することができます。また脳の細胞に付着した老廃物を綺麗にしてくれる働きも。脳を休めて脳細胞を綺麗にし、記憶を整理することで、昼寝後に脳がスムーズに働きやすくなるのです。

日本人の睡眠は全世界でワースト2位と非常に短く、忙しさの割に脳が休まる暇がありません。脳を休める昼寝の効果は、普段忙しいビジネスマンだからこそぜひ実践したいでしょう。脳を休めるには目をつむるだけでもいいので、短い時間にできるのもポイントです。

昼寝の効果②肌にもいい!?

昼寝の効果は単に脳や体を休めるだけではなく、肌にもよいのをご存知でしょうか。美肌をつくるためには、「コラーゲン」や「ケラチン」といった美容成分の生成が不可欠。これらの生成を促進してくれるのが、「成長ホルモン」です。

成長ホルモンは睡眠中に脳内で分泌されるため、毎日短時間でも昼寝をしていれば肌によい効果が期待できます。

コラーゲンの生成が促進されることで、肌内部の角質層で弾力を維持するための細胞が増えていきます。また昼寝を取り入れることで日頃の睡眠不足も解消されるため、より成長ホルモンが分泌されやすい環境をつくることがでるのです。

とくに女性は忙しい日が続くと、肌が荒れる方が多いのではないでしょうか。昼寝の美肌効果を利用して、見た目の美しさも保ちつつ仕事もバリバリこなしていきましょう。

昼寝の効果③身体の疲労回復

昼寝をすることで、午前中に溜まった疲労を回復できる効果があります。疲れをリセットし、午後からまた頑張ろうという活力がわいてくるのです。

昼寝の短時間睡眠は、夜の睡眠に比べて疲労回復効果が3倍も高いといわれています。またアメリカでおこなわれた実験によると、記憶力が5倍向上するという結果も。作業効率が悪くなると、その分ストレスを感じやすくなり疲労感も高まります。反対に仕事の効率をあげれば、身体の疲労も感じにくくなるのです。

昼寝をすると重たかった身体がスッキリ軽くなるのは、普通の睡眠では得られない疲労回復効果があるためだったんですね。毎日の睡眠不足で積み重なった疲れも、昼寝を取り入れることでだんだんと解消していくはずです。

昼寝の効果を最大限得るために:時間

人間の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠をくり返しています。昼寝は短い時間でとるものなので、眠りが浅いレム睡眠の間に覚醒する必要があり、15〜20分以内に抑えておくのがベストです。深い眠りのノンレム睡眠に入る前に、スッキリと目覚めることができます。

また昼寝をする時間は、昼食をとった後がおすすめ。多くの人が14時から16時の間が1番眠くなる傾向にあります。これは食べ物を消化する際に、胃に血液が集まり脳への血流が一時的に少なくなるためです。そのため昼食後に胃が満たされている状態で、自然と眠い時に昼寝をするのがよいでしょう。

また睡眠のリズムを崩さないために、朝は7時前に起きて太陽の光を浴びるようにすると自律神経の切り替えがうまくいくようになり、夜に自然と眠くなる睡眠リズムが定着します。

忙しいと、自律神経は常に交感神経が優位に立っているので、夜も不眠になりがち。そうすると昼寝の効果にも悪影響がおよぶので、昼寝をする時間と15〜20分の睡眠時間、そして朝起きる時間は守るようにしましょう。

昼寝の効果を最大限得るために:環境

昼寝の効果をあげるために重要なこととして、睡眠環境を整えることが挙げられます。

まずは部屋の明るさ。眠る時はできるだけ暗くしておく必要があります。アイマスクをして視界をさえぎったり、または部屋の電気を消したりして眠るのがよいです。

また昼寝をする前に、コーヒーなどを飲んでカフェインを摂取するのも、スッキリとした目覚めを迎えるのに効果的。カフェインは体に取り入れてから効きはじめるまで約20〜30分かかります。つまり昼寝前にカフェインを摂取すれば、理想の昼寝時間である15〜20分で脳が覚醒してくるというわけです。

昼寝とカフェイン摂取を合わせた方法を「カフェインナップ」といい、昼寝の効果を高めてくれます。またつい寝過ごしてしまう可能性も少なくなるので、忙しい時間の合間をぬって昼寝をする人にもおすすめ。起きた後はすぐに仕事を再開できるので、ぜひ試してみてください。

仕事の合間に昼寝を取り入れる工夫

仕事で忙しくしていると、なかなか昼寝の時間を確保することができない場合もあるでしょう。しかし効率よく仕事を進めるためには、できる限り昼寝をとり入れたいところです。そこで仕事の合間に昼寝をするには、どのような工夫をすればよいのか紹介していきましょう。

昼寝の時間は昼食に組み込む

昼寝をする時間をわざわざ確保すること自体がストレスになってしまっては、元も子もありません。むりやり時間を捻出するのではなく、流れのなかに組み込んでしまえば負担も減るのではないでしょうか。

昼食の時間を45分とるとしたら、そのうちの20分で食事を済ませ、残りの20分で昼寝、そして5分で仕事再開への準備をおこないます。あらためて昼寝のために時間を割くのではなく、昼食の「ついで」に昼寝をすればスムーズに組み込むことができるでしょう。

昼寝に罪悪感をもたない

仕事で忙しくしていると、昼寝をすることに罪悪感を抱いてしまうこともあるのではないでしょうか。周りの目を気にせず、「仕事の効率をあげるために」昼寝をしていると考えましょう。

結果的に効率がアップしているのならば、むしろ昼寝はよいことなのです。自信を持って毎日昼寝をしてみてください。

RANKING

TAGS

お出かけ キッズアイテム キッチン ファッション 仕事 健康 子育て 家事 家電・電子機器 料理 時間がない 時間がない人のための木のトレイ 本と音楽 海外事例 生活日用品 趣味